ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





学ばないと評価は出来ません 

DSC01052 (640x427)
仁徳天皇の御陵にお参りしてきました。

出かける前に思っていたことは、ただ日本最大の前方後円墳ということくらいな知識でした。

財力があるから造ることが出来たもので、埋葬された人の徳を讃えたり、その人の思想上の遺言によって造られたものではないと思っていたのです。

バスから降りる直前に、この御陵は世界の三代御陵の一つだと書いてあるの見て、突然評価が変わってしまいました。

クフ王のピラミッド、始皇帝の兵馬俑とならぶ評価を受けるものらしいのです。

「らしいのです」と書くのは、日本の歴史についていかに私が無知であったかと告白しようとしているのです。

この御陵を見て、「いろいろなことを考えて造られている史跡だ」と評価できたら素晴らしいのですが、恥ずかしながら出来ませんでした。

「世界三大の」という数字の評価で、初めてその偉大さの欠片を知り、同時に自分の無学さを知ったお参りでした。

[ 2017/03/19 06:33 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する