ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





追憶 

DSC_0076 (360x640)

7月の大きな行事は、斜里町の西念寺さんにお参りしたことです。このお寺のお亡くなりになった坊守さんは鈴木章子さんとおっしゃるお方です。

約30年前にお亡くなりになったのですが、発病からお亡くなりになる直前までの4年間の思いを集めた『癌告知のあとで』という本を読んで感動していました。

その本をあちこちで紹介し、お話しをさせていただきました。しばらくしてこの本を元にしたビデオも紹介され、それもご縁あるところでは多くの人々に観ていただきました。

癌の告知を受けたあと、生きることと死ぬことについて、ご自身のいのちと向き合いなら綴られている本でした。

母として妻として、あるいはお寺の坊守、地域のリーダーとして生きられた人生を綴られた文章からは、感謝があふれ出ていました。

鈴木さんを追憶したいという家内の思いに引かれて、西念寺にお参りしてきました。

うれしいことに、嗣法のご子息にもお目にかかり、お話しをお聞かせいただきました。

「ご縁は有難し」です。

[ 2017/07/31 05:45 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する