ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





飛行機 


生まれてから一度も飛行機に乗ったことがないといわれる人は結構いらっしゃいます。

「えっ、あなたが?」と驚くような人の中にもいらっしゃいます。仕事上出張が多かったであろうと想像できる人が、「一度も飛行に乗ったことがない」といわれるとほんとうに驚いてしまします。

乗らないという人の理由を聞くと、「落ちたら100%死ぬから」と笑いながらいわれます。

巨大な金属や化学製品の塊のような飛行機が、上空を飛んでいる様子を見ると、その動きは大変ゆるやかに見えます。

それを見ていると、「あんなにゆっくり飛んでいて大丈夫なの?」と心配になるのだともいわれます。

現代は外国にでも行かないかぎりは、国内の交通機関は発達していますから不自由は感じません。

一度でも飛行機の便利さを体験した人は、落ちることへの不安を抱えながらも利用を続け、そのうちに不安を感じなくなっていきます。

不安が消えたからといって飛行機が落ちないというわけではありません。「安心」というものは、自分の思い込みと無意識で出来上がっているものですから。

[ 2017/08/09 06:01 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する