ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





五郎の会 

DSC01660 (640x427)

「五郎の会」という、地域おこしの有志が集まってお酒を造る会があります。

田植え、稲刈りに伝統の「ヨズクハゼ」への稲架けというイベントも体験でき、地域の人々と交流しながら「おらがお酒」を造るという制度なのです。

そのお米を使って造り酒屋さんが「亀五郎」というブランドのお酒をつくり、会員にお分けするというのです。

その志に賛同し、お酒を手に入れたいという思いもあって今年の春、会員にくわえていただきました。

先日「亀五郎」を買いに酒屋さんに行きました。稲刈りのご案内をいただいていたのですが、お寺の行事と重なって行けないことを伝えながら立ち話をしました。

「発足したのは20年前。若さがあったので立ち上げたのですが、少しずつしんどくなりました」と笑いながら話されました。

自然を相手にしながら、人間の志をひとつに保つことはたいへんなことなのです。

このお酒を呑んで下さる方が増え、「今年も美味しいお酒を待っているよ」といってくださる方が増えることが何よりも大きな継続のエネルギーになると思います。

私は地域の有志に感謝の思いを込めて、「亀五郎」を買わせていただきます。

[ 2017/08/26 06:34 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する