ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





お彼岸です 


DSC01690 (640x427)

秋のお彼岸になります。

私たちの周囲にある彼岸ということばや習慣は、仏教が大衆の生活の中に流れ込み定着したものと考えています。

人間が悟りを身につけたら、覚者という完成した人間になり彼岸の境地に入ると仏教では説かれます。

その教えを、この世でいのち終わった人間は生まれ変わって川向こうの国へ移動すると理解して、空間的な異次元を想像したのでしょう。

さらに、彼岸に往った人とコミュニケーションをとる意味で、お墓参りという習慣も生まれたのでしょう。

眼には見えない身心の変化を説く仏教を、真西に沈む夕日と重ね、あるいは墓参や藪入りのような生活習慣に重ね、目に見えるようにして先人が残してくださいました。

お彼岸の日は仏法の真髄に触れる日として大切にしたいと思います。

[ 2017/09/20 06:24 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する