ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





お客様を迎えます 


来月は都会のお客様数名を丸一日お迎えする予定になっています。

目的は研修ですが、お寺にやってきての研修に期待されていることは、自分を変え経営力を高めたいということであろうと感じています。

お客様は、おそらくお寺とはあまり、もしかしたらまったく縁がない方々であろうと思われますので、何を感じていただけばいいかとあれこれと思案を巡らせています。

喧騒の中から静寂の場に環境が変わることには大きな力があります。ふだんは目を止め耳を傾けることもない草花や鳥の声、空気の味を感じることにも大きな力があります。あれこれと次元が違うかのような環境の力を借りて研修の目的が達成できたらいいなあと思っています。

さらにもてなしのお茶とか食べ物によって、自分の暮らし方とか働き方の気づきがあるかもわかりません。

家内は、「何もありませんが」といってみなさんと一緒にいただいた、炊き立ての真っ白いごはんと大皿に盛ったホウレンソウのおひたしのことを決して忘れません。

私は「昼になりましたからどうぞ」といって加古川のお寺で出された土筆のおひたしと小さなお茶碗のもてなしが忘れられません。

というようなことを思いながら、ひたむきに生きる姿を見せて生きることが感動を生むという事実。自分を見せる勇気のことに気づいていただけたらと思って準備をします。

[ 2017/09/28 06:21 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する