ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





産地からマイタケを買ってきました 

DSC01726 (640x427)
昨日は栗のことを書きましたが、今日はキノコの話です。

私がおつきあいをしていたお坊さんの中には、キノコが嫌いな方が何人かいらっしゃいました。

どなたもキノコ嫌いのレベルは相当なもので、ナベといわずかやくご飯といわず、入れてあるキノコがどんなに小さくてもすべて取り出して食べておられました。

椎茸やシメジはもちろん、松茸だって食べられないのです。

そこまで嫌われるわけを尋ねたことがありました。「カビを食べたくないのです」というのがその理由でした。

たしかにカビといえばカビですが、糀や糀を使った味噌や醤油、それにお酒だってカビからつくったものなのにと思うのですが、カビそのものがいやなのでしょう。

先日家内がわざわざそのカビを買って来ました。中国山脈に近い町に出かけ、お土産に地元の山で採れたマイタケを買ってきたのです。

さっそく焼いて塩こしょうでいただきました。カビも自然の贈りものです。

[ 2017/10/07 08:25 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する