ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





いま、ここで生きる 


遠来のお客さまをおもてなしする話し合いをしたときのことです。

お昼は塩むすびと豚汁に漬け物で接待しようと計画していました。

早く決めていたので、あとから差し上げたいものが次々と頭に浮かぶのです。あとから「あれも加えたらどうだろうか」という意見が出たのですが、当初の計画通りのメニューにしました。

何よりもお米の美味しさを味わっていただきたいと考えているからです。

時間に追われているビジネスマンにとって、あるいは和洋中の食事が簡単に食べられる生活をしている人にとって、お米の味を味わうゆとりは多くないと思います。

搗きたての新米をお塩だけで食べるという、一番美味しい食べ方で召し上がっていただこうと思っているのです。

いま、ここならではのおもてなしは、いまここにあるものをもっとも美味しい食べ方で味わっていただくことだと考えているのです。

[ 2017/10/10 06:17 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する