ブログトップ気づき環境研究所サイトトップ気づき日記いのちのことば気づきコラム気づき行事の案内気づき環境の紹介





長くてあれこれあった一日 

DSC01736 (640x427)
DSC01735 (640x427)
DSC01733 (640x427)
DSC01732 (640x427)
都会のお客さまをお迎えした一日が終わりました。

「お寺に来るのは初めてです」という30歳代から40歳代の男性8名。ざっとこんな一日でした。

本堂でお参りと案内、必ずみなさんが行かれる地獄の絵図も紹介しました。お話しの休憩時間にはみんなで栗拾いと福祉施設見学。

お昼は新米の「つや姫」、「コシヒカリ」のおにぎりと豚汁、漬け物でお米の味を賞味。5個召し上がった人も数名。

長い一日が終わり、夕食は手作りのご馳走。次々とテーブルに並ぶ料理。

山陰深海の隠れた珍味マトウダイ(通称バトウ)のお刺身、サザエのつぼ焼き、春菊の白和え、糸ウリの酢の物、マイタケのオイル焼き、いかめし、沖きすのフライ、手羽のとごぼうの揚げ物、炊き合わせ、カボチャサラダ、焼きおにぎり、地元の果物。

満足そうでした。

[ 2017/10/12 09:35 ] 気づき日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する